「阿弥陀仏五劫思惟像(あみだぶつごこうしゆいぞう)」とても長い間を修行した姿のあみだ様像です

「阿弥陀仏五劫思惟像(あみだぶつごこうしゆいぞう)」とても長い間を修行した姿のあみだ様像です

¥10,000 税込

送料についてはこちら

ご覧いただきありがとうございます。 当店工房では天然の土粘土をベースにした「オーブン陶土(※当店案内に素材説明を記載)」を使って制作しています。 ――――――――――――――――――――――――― 【サイズ】 高さ約12.2cm 幅約9cm 【素材】 オーブン陶土、ニス ――――――――――――――――――――――――― 阿弥陀仏というのはいわゆる「あみだ様」のこと。「ナムアミダブツ」のアミダブツのことです。 この阿弥陀仏は衆生を苦しみから救う方法を求め五劫という長い時間を修行されたという仏教伝説があります。 (「劫」というのは時間の単位です。 100年に一度オーストラリアのエアーズロックのような大岩のてっぺんに天女が舞い降りて舞を舞うとします。 そのとき天女の衣が岩の表面をに触れてほんの少し(ナノ単位よりも少ないくらいかな)だけ岩が摩耗しますが、それによってその巨大な大岩がすり減って無くなってしまうくらいの時間が一劫です。無限と言っても良いくらいの膨大な時間でが、それを五回で五劫です。) それだけ長い間の時間を、髪の毛がボーボーに伸びた姿で表現しているのが「阿弥陀仏五劫思惟像」です。 奈良の東大寺にある鎌倉時代に作られたものが有名で、別名というか愛称で「アフロ仏」とも呼ばれています。 それを当工房の作風で形にしてみました。 いかがでしょう? ※こちらは現物限りの一品物です。 ―――――――――――――――――――――― 【取り扱い上のご注意】※必ずお読みください ・食べちゃいたいくらい可愛いのですが、食べられません。小さなお子様やペットが口に入れないようご注意ください。 ・粘土を焼き固めて制作しております。強い衝撃を加えると破損することがあります。優しくお付き合いください。 ――――――――――――――――――――――