「ひょうたんこま君」棚から牡丹餅、瓢箪から駒♪思いがけない良いことがあるといいなあなキャラクター♪
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

「ひょうたんこま君」棚から牡丹餅、瓢箪から駒♪思いがけない良いことがあるといいなあなキャラクター♪

¥1,800 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー3件

送料についてはこちら

  • ・つぶらな瞳の「ぱっちりタイプ」

  • ・笑顔かわいい「にっこりタイプ」

ご覧いただきありがとうございます。 当店工房では天然の土粘土をベースにした「オーブン陶土(※当店案内に素材説明を記載)」を使って制作しています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【サイズ】幅約4.2-4.3cm ヒョウタン部分高さ約6.2-6.5cm前後 全体の高さ約11.5cm 【素材】 オーブン陶土、ニス、ステンレスワイヤー、綿コード、木製将棋駒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「その昔、今の中国の山奥に仙人が住んでおったそうな。その仙人は馬に乗ってあちらこちらと旅をしておった。寝屋につくと腰のヒョウタンを一振り。すると乗っていた馬がスイッと消えてヒョウタンに吸い込まれる。 朝になって出かけるときはまたヒョウタンを一振り。すると馬が飛び出してくる。。。。」 そんな昔話が語源となっている「瓢箪から駒」ということわざがあります。 思いがけないところから思いがけないものが見つかるとか飛び出す様をあらわしますな。 似たような言葉で「棚から牡丹餅」なんてーのもあります。 いずれにせよ嬉しいもんですな(笑) そんな「瓢箪から駒」という言葉のイメージを元に生まれたのがこの土ぼっくり「ひょうたんこま君」です。 飛び出す様子はワイヤーのクルクルで、馬は将棋の駒で表しました。 【左馬についての解説】 将棋駒の名産地として知られる山形県天童市のお土産品として有名なものに「馬」の字を左右反転して彫った「左馬」の駒があります。 なんでも馬というものは右からはうまく乗馬できないために左から乗るのだそうですが、このことから左馬は失敗しないなどといいますとか。 また本来人が馬を引くのが当たり前なんですが、それが逆で馬が人を引いてくる。つまりは人を連れてくるということで商売繁盛の意味もあるそうな。 そのまんまシャレで「馬(うま)」=「うまくいく」ということもあります。 さらに、将棋駒は下側が広がっているので「安定している」で「末広がり」と。 さらにさらには五角(ごかく)形なので「合格(ごうかく)」に通じるってなもんで。 なんともめでたいのがこの「左馬の将棋駒」というわけです。 見るからに楽しそうで幸せそうな瓢箪型土ぼっくりから飛び出す縁起の良い左馬。 なにか良いことが起こりそうでしょ(^^) あなたのおそばに置いてくださいな。 ☆お顔の表情ですが、つぶらな瞳の「ぱっちりタイプ」と笑顔がかわいい「にっこりタイプ」があります。お好みでお選びください。 ☆複数体写っている画像がありますが、価格は1体のものです。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 【取り扱い上のご注意】※必ずお読みください ・天然の土粘土ベースの素材を使用しております。そのため同じ作品でも時期により色合いの濃淡に差が出ることがあります。 ・作品はすべて作者の手づくりです。そのため同じ品種でも個体ごとに表情やポーズが微妙に異なります。 ・細部のデザインや使用するカラーの色合いを予告なく変更することがあります。 ・食べちゃいたいくらい可愛いのですが、食べられません。小さなお子様やペットが口に入れないようご注意ください。 ・粘土を焼き固めて制作しております。強い衝撃を加えると破損することがあります。優しくお付き合いください。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇